何歳になっても最高に楽しくてカッコイイ!だからギターは素晴らしい!

  • 2022年3月8日
  • 2022年3月8日
  • Guitar

こんにちは!

アニソン大好きギタリストのkentottoです!

本日誕生日を迎えました!イエイ!👏

 
Kentotto
年齢は勇気がなくて公開していません!許して!

そこそこ大人な年齢になってきた僕ですが…

学生時代に始めたエレキギターにまだまだ夢中です!

先日、久しぶりにライヴハウスで、ギタリストとしてイベントに出演しました。

その時に「やっべー!ギターってマジで楽しい!」ってものすごく高揚して、ふとこんなことを思いました。

 
Kentotto
もうすぐ誕生日が来て◯◯歳になるけど、何歳になってもずっとギター楽しいな…

今回はタイトルの通り「何歳になってもギターは最高だ!」って思った事をつらつらと書いていきます!

この記事を読んだら、ギターが弾きたくてウズウズしちゃうかも!?

それでは行ってみましょう!

何歳になっても、ギターは楽しい!

エレキギター歴はまだ数年程度の僕ですが、ハッキリ言えます。

何歳になっても、ギターは楽しい!

基本的に僕は、大好きなアニソンを弾きまくって、それで「弾いてみた」動画をYou Tubeに投稿しているインドアなギタリストです。

ですが、年に数回、ライヴハウスで開催されるイベントでギターを弾いたりもしています。

 
Kentotto
生演奏で誰かと合わせながら、人前でギターを弾くのって最高に気持ち良いんですよ!

まぁ、僕は1人で部屋にこもってピロピロ弾いてるだけでも楽しいんですが。笑

ギターは何歳になっても「楽しい」をくれます。

僕がギターを本格的に弾くようになったのは、20歳くらいの頃でした。

当時は学生でしたが、仲間と本気でバンドをやっていました。

 
Kentotto
いわゆるバンドマンってやつでした。

週に何本もライヴして、曲書いて、CD出すためにレコーディングして…。

あれ?本気でバンドマンやってた時は辛かったことの方が多かった気がするぞ?笑

機材のローンとライヴのノルマ払うために、ひたすらバイトして!

それ以上の時間を、レコーディングや練習に費やして!

まぁ…今思い出すと楽しかった…かな?

いや、やっぱり辛いことの方が多かったかな?笑

そんなことはありません!

かっこいいフレーズが弾けた時、良い音が録れた時、ちょっと自分を褒めたくなる音がライヴで鳴らせた時

間違いなく、ギターは最高に楽しかったです。

もう何にも変えられない楽しさと高揚感でした。

 
Kentotto
バンドマンだった頃の事は、また別記事に書きたいなぁと思います!

そんな調子でしたが、就職して社会人になってからは、時間が取れなくてバンド活動は断念。

ギターも自然と弾かなくなるかな…?と思っていたんですが、

しばらくしてバンドマンだった頃の知り合いにサポートギターを頼まれ、何てことなくギターに戻ってきます。

というか、その時には既にギターを弾くことが日常になっていたので、バンドを辞めても1人でピロピロ弾いていました。

そして、社会人になった僕はそれなりにお給料もいただいていたので…

ハイエンドギターに手を出し始めます。笑

そう、ギターはプレイするだけじゃなくて、

買うのも楽しい!笑

コレクター気質もあるのかな?ってくらい、色んなショップで色んなギターを見て回っていました。

だって、気に入った1本があれば買えちゃいますからね!笑

一時期は病的に買っていたこともあったなぁ。笑

とにかく、自分の知らないブランド、見たこともないギターをどんどん知っていくのは本当に楽しかったです。

そんな感じで、サポートギタリストとしてしばらく活動していた頃に

You Tubeで「弾いてみた」に出会います。

いやぁ…。

 
Kentotto
コレだー‼︎って思いました。

これなら、大好きなアニソンを好きな時に自由に弾けるじゃん‼︎

ということで、マイペースに動画投稿を繰り返して今に至ります。

弾いてみたを投稿して、しばらくすると嬉しいコメントをたくさんいただけるようになりました。

自分のプレイを評価してもらえるっていう感動にハマって、どんどん「弾いてみた」にのめり込みます。

バンドで弾くギターとは違った楽しさがありました

 
Kentotto
Kentottoとして、もっとギターを弾きたいと思いました。あと、単純に伸びると嬉しかったです。笑

とまぁ、こんな感じで…。

ギターを始めてから「楽しい」続きです。

もちろん、うまく弾けない時や、圧倒的な実力差を思い知らされた時、レコーディングで自分の下手さを痛感した時は

マジで相当凹みます。いや、本当ね。キツイ。心の底から悔しいです。笑

「もう嫌だ辞めたい、辞めてしまいたい」って何度思ったことか…笑

 
Kentotto
でもね、僕のプレイってカッコいいんですよ。(自惚れてる)

加えて、ギターを弾いてる時って最高に楽しいんです。

だから、ずっと「楽しい」が勝るんですよね。

アホでしょうか?それともドM?

僕にとってギターは何歳になっても最高に楽しめる遊びであり、日常なんですよね。

今この記事を読んでいるあなたにとっても、ギターってそんな存在じゃないですか?

何歳になっても、ギターヒーローがいる!

何歳になってもギターヒーロー、憧れの存在がいます。

「こんな風にギターが弾きたい!」って思わせてくれる最強にカッコいいギタリストたちです!

ちなみに僕のギターヒーローはこの3人

  • ジョンフルシアンテ(Red Hot Chili Peppers)
  • 生形真一(Nothing’s Carved In Stone・ELLEGARDEN)
  • 平沢唯(放課後ティータイム)

エレキギターを始めた頃は、この3人のバンドの曲をめちゃくちゃコピーしました。

何歳になっても、どれだけ上手にギターが弾けるようになっても、ヒーローには追いつけません。

だって、最強にカッコいいんですから!

 
Kentotto
加えて、唯ちゃんは最強に可愛い!(超大事)

永遠に憧れるヒーローがいるなんて、素敵じゃないですか?

そんなギターヒーローたちを見るだけでマジで元気出ます。

小さな悩みなんてくだらない。

いつでも、ギターを始めた時の衝撃とワクワク感をくれるんです。

ギターヒーローに限らず、素晴らしいプレイを観たり聴いたりすると無条件で気分が高揚します。

こんな風に、ギターを弾いているからこそ得られる感動もありますよね!

何歳になっても、ギターは身近な存在だ!

ギターを始めてから、何だかんだでほぼ毎日弾いています。

これだけ「ギターって楽しい!」って書いている僕ですが

もう「楽しい楽しくない」の感覚じゃないのかも知れません。笑

僕らは、当たり前のように毎日ご飯を食べますよね。

それと同じで、毎日何となく当たり前のようにギターを弾いています。

もう習慣ですね。

特に社会人になって、このギターを買った時から

関連記事

こんにちは!アニメ大好きギタリストのKentottoです。僕のメインギターとして活躍しているFender ストラトキャスターを紹介します!ギター紹介を通じて ストラトキャスターってどんなギター?どんなサウンドがするの? 等など[…]

上手くなりたくて仕方ありません。

 
Kentotto
クッソ高かったんで、弾かないと損だし、ある程度弾けなきゃ恥ずかしくて持ってられないよぅ…///

って気持ちもあります。笑

このギターに関しては、弾く度に「なんじゃ、この鳴りは〜‼︎」ってビックリするくらい良く鳴ってくれています。

おかげさまで、毎日弾くのが楽しい。

数年間弾き込んだこともあって、ネック裏がね…いい感じに塗装が剥げて…スベスベで手に馴染んで…気持ち良いんですよ…木目も綺麗でね…ウットリ…

 
Kentotto
おかげさまで、毎日弾くのが楽しい。(2回目)

おっと、話が脱線しました(^_^;)

何歳になってもギターを身近に感じながら、弾き続けていきたいものですね。

どうせ弾くなら、もっと上手く弾きたい!

たくさん「ギターって楽しい!」って書いてきましたが

どれだけ楽しくても、そのうち飽きます!笑

 
Kentotto
飽きる…というか、上手く弾けなくて、嫌になった感覚を「飽きた」と勘違いしてしまいます。

もちろん僕も、何度も嫌になったり飽きたりしました。

しかし、最近気づいたんですが…

「飽きた、つまらない期」を抜けると「やっべぇ!めっちゃ楽しい!」期がやってきます。

そして、そのサイクルの度に思います。

あー!どうせならもっと上手く弾きてぇえぇ!ってね!

負のサイクルを抜け出すキッカケは色々です。

  • 上手い人に触発されて刺激をもらうか。
  • 何日練習しても弾けなかったフレーズが、ある日急に弾けるようになったりとか。
  • いっそ全くギターに触らないで、他のことに熱中してみるとか。

負のサイクルを抜けると、以前よりもギターが好きになってるんですよねぇ。

ちなみに僕は嫌々期が来たら、好きなバンドやギタリストを見たり、デジマートでひたすらギターを物色したりしています。笑

そして、そのサイクルの中でいつも思うんです。

 
Kentotto
あー!もっと上手く弾きてぇえぇ!ってね!(2回目)

こんな風にいつまでも上手になりたい!って思わせてくれるのって素敵じゃないですか?

のんびり、上達していきたいと思っています。

というわけで!

誕生日を迎えた勢いで「何歳になってもギターは最高だ!」って思ったことを書いてみました!

 
Kentotto
さて!それじゃあギター弾いてきます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

ギターとアニメに夢中になろう『Kentotto Blog』

ギターとアニメに関する情報を発信しています!
『いつまでも大好きなギターとアニメに夢中になれる』をテーマに
ギターライフに欠かせないお役立ち情報や、アニメがもっと楽しくなるような記事を
アニソンギタリストがお送りします!