《治ってしまった》ギター欲しい病の処方箋

こんにちは!

 
Kentotto
アニメ大好きギタリストのKentottoです!

今回のテーマはコチラ!

《治ってしまった》ギター欲しい病の処方箋

1年以上前になりますが、以前にもギター欲しい病についての記事を2つ書いていました。

関連記事

こんにちは!   Kentotto アニソン大好きギタリストのkentottoです! いやぁ… ギター欲しくね? ギタリストなら、誰もが発症したことあるでしょう! ギター欲しい病! […]

関連記事

こんにちは!   Kentotto アニメ大好きギタリストのkentottoです! 最近PV数が増えてきました! 読んでくださってる皆様、本当にありがとうございます!(*゚∀゚*) そんな中で、[…]

僕自身、ギター欲しい病が加速しては「物欲キッツいなぁ」と思う事が多々ありました。

物欲が強まりすぎると、そのことしか考えられなくなって結構ダルいんですよね。

 
Kentotto
ホントは動画作ったりブログ書いたりしたいのに!笑

「なんだか重いし、読んでくれた人に引かれたら嫌だなぁ」なんて思いながらも、正直に書いてみた上の2つの記事は、ぶっちぎりでこのブログのアクセス&PV上位に。

 
Kentotto
桁がひとつ違うレベルで伸びてます。笑

悩むことは一緒なのかなぁ。なんて思えて、救われた感じも。笑

 
Kentotto
読んでくださった方々ありがとうございます!

そして、記事を書いてしばらく経った今…自分でも不思議なんですが…

ギター欲しい病、治ってしまったなぁ。という感覚があります。

治そうと思って治ったのではなく、僕自身に変化があった結果「治ってしまった」という感覚が強いです。

ふと気づきました。

 
Kentotto
あれ…?最近、楽器屋さんにも行かなくなったし、デジマートすら全然見てないぞ…?って。

今回の記事は、僕の体験談を基に「治し方」「物欲を抑えるための考え方」をまとめています。

テーマこそ「ギター欲しい病」ですが、この記事の考え方は物欲全般のコントロールに効いてくると思います。

  • ギター欲しい病
  • 物欲
  • 消費欲求

などなどが加速して、お困り気味の方はぜひチェックしてみてください!

《*注*》

つらつら書いていたらかなり長くなってしまいました!^^;

しかも、内容が上にリンクした過去2つの記事とけっこう被ってしまっています。

 
Kentotto
許して欲しい…
思うままに書いていたら…こうなっていたんです…(苦笑
 
Other
それでも良いよ!読んじゃうぞ⭐︎

と言ってくださる方、ぜひお付き合いください!

 
Kentotto
それでは行ってみます!ギュオォォオォン‼︎

消費≦生産にシフトしたら物欲が割り込めなくなった

物欲自体を鎮める方法の一つにこんな考え方がありますよね。

物よりも経験に投資しよう!いつか物は壊れるのだから買うのはもったいない!

……僕は特にそう思っていません。

消費の内容は個人の自由なので、どっちでも良くない?と思います。

消費の中身にこだわる必要は無く、頭の中の比重を「消費≦生産」に傾ける方が大切でした。

《消費に傾いていた僕の脳内》

  1. このギター欲しいな?
  2. 買うには手持ちのギターを売る必要があるなぁ
  3. 売りたくないなぁ…でも欲しいなぁ…
  4. あぁ〜悶々する…!
  5. また時間だけ浪費してしまったなぁ…(後悔)

《生産的になれている僕の脳内》

  1. 次の動画はこの曲を弾いて、イラストはこのキャラを描いて練習しよう
  2. コピーも楽しいけど、オリジナルも作りたいな
  3. 次のブログ記事何にしようかな。書くテーマに合わせて調べ物しないとな
  4. なんか良い感じに充実してない?この時間!(ちょっぴり自信に)

こんな風に『買うことに執着する時間<作ることに夢中になる時間』になると頭の中に「物欲」が割り込んで来る隙間が無くなります。

僕らが持ってる『集中して何かを考えることが出来る時間』って、1日あたりの総量はかなり限られていると思うんです。

例えば「1日あたりの考えることが出来る時間」の総量が「10」だとします。

  • 買うことについて考える時間:2
  • 作ることについて考える時間:8

これくらいの割合になると、自然と思考が「物欲」が捉われずに済みます。

物欲を抑えたいからと言って完全に「0」にする必要は無いと僕は思います。
(そんなことは出来なし、無理するとドツボにハマる)

 
Kentotto
僕は以前はデジマートのチェックが日課で、無意識にFender Custom Shopって検索しててたくらいなんですもの…笑
 
 
Kentotto
好きなもの見て「コレいーなー!」ってなるのは今も楽しいですしね!そう考えると「0」にする必要はなし!

『軽く物欲が頭の中にある程度』が良いかと思います。

それでも、頭の中の割合を『買うことに執着する時間<作ることに夢中になる時間』でキープし続けた結果、物欲は薄まりました。

薄まったというか、物欲に捉われなくなった気がします。

思考の大部分が「生産的なこと」で満たせている時、「物欲」について考える暇がなくなっていた実感があります。

 
Kentotto
生産的なことしたあとは心地良い疲労感も得られてなお良し!
後はご飯を食べてアニメを観て眠るだけですね!

物欲は「無くすために頑張る」のではなくて、他のことで脳内を満たして「割り込ませなくする」方が楽チンです。

自然と情報を断っていく

見なければ欲しくなりません。

僕の大好きなアニメ「かぐや様は告らせたい」の主人公である白銀会長も言っていました。

1度欲しがり出したら際限がない。

欲しがらないためには興味を持たないようにするのが1番なんだ。

かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-第8話「白銀圭は見せつけたい」より引用)

何だか重く感じますが、このエピソードめっちゃ面白いですよ。

かぐや様、超オススメです。

アニメ記事もチェックしてネ!☆

こんにちは!  Kentotto アニメ大好きギタリストのKentottoです! 僕はアニソンイベントでギターを弾く機会をいただいたり、アニメ好きが集まる飲み屋さん(イン秋葉原!聖地!愛してる!)によく出かけ[…]

 
Kentotto
おっと話がそれました、ごめんなさい。

物欲に支配されている時こそ、まずは「ネット」を断ってみます。

簡単に見れてしまうからこそ、物欲が刺激されっぱなしになってしまうんです。

まずはネットをシャットアウト!

断つことができないなら、1日あたりの制限時間を決めて守ることを目標にするんだ!

 
Kentotto
ちょっとアンタ!インターネットは1日10分までって約束したでしょう?!

って脳内で自分に言い聞かせまくります。笑

僕は『制作に充てる時間を最優先で確保すること』を意識していたら、自然とネットサーフィンをする時間が割り込んで来れなくなりました。

 
Kentotto
1日1時間近くデジマートを見ていた頃が懐かしいぜ…

今はもう見たとしても1日あたり3分くらいしか見ていません。マジで。というかまったく見てないか…?
(時間もったいねぇって思えて、自然と情報を断つようになった)

疲れ果てるまで追いかけてみる

中途半端に「物欲」に振り回されるくらいなら、もういっそ思いっきり振り回され切ってみます。

「欲しいなぁ」って思うギターについてとことん調べたり、ネットを見たり、楽器屋さんに行ってみたり…。

 
Kentotto
買うつもりがないのに試奏したり、長居したりはあまり良くないですよ!
そんな時はチラッと見るだけに留めましょう!

で、結局買いません。

すると、何だか途端に虚しくなってきます。

時間も労力もかけたのに、何だったんだろう、この時間は…。

 
Kentotto
そんな感じで後悔してからが本番だぜ!⭐︎

物欲に振り回され切った後だからこそ

 
Kentotto
もう絶対に振り回されてやるかコノヤロー!

と、無駄に吹っ切れることがあります。笑

もう繰り返したくねぇ!って強く感じることが大切!

 
undefined
ここからリスタートだぜ!⭐︎

「こんなに疲れてるのに…馬鹿らし過ぎる」って僕は何度感じたことか…。

「欲しい」と「必要」を分けていく

僕って『ストラトキャスター×Lake Placid Blue』の組み合わせがバチこり好みなんですよ。

ストライクゾーンど真ん中すぎて…

買ってはすぐに売って…また買って…を何本も繰り返してきました。

以下の動画で使ってるギター。全部買っては売って、そのお金でまた買って…を繰り返してきたLPBのストラトちゃんたちです。

 
Kentotto
収支をまとめると、ボーナス2〜3回分くらいの金額がマイナスになってます。

いや…もう…。超もったいない。

残ったもの?特にありません。
もう繰り返したくないっていう後悔くらいでしょうか。

完全に「欲しい」が先行してしまった結果です。

自分の状況を客観視してみました。

僕は1日あたり平均して1〜2時間程度しかギターを弾けません。

 
Kentotto
本当はもっと弾きたいんですが…くぅ!
サラリーマンの辛いとこぉ!

僕の腕は2本しかないので、1度に弾けるギターは1本しかない』という事にも最近気づきました。

するどどう…?

1日あたり弾けるギターってそんなに多くなくない…?

ギターをたくさん持っていても、僕にとっては「必要」ではなくない…?

もちろん、好きなギターがたくさん身の回りにあるのは『最高』なんだろうけど…

そんなにたくさん持っていても仕方なくない…?

必要不必要だけで物事を選びたくないですが…

 
Kentotto
う〜ん。。。

超絶好きなギターを少数だけ手元に置くように

「欲しい(好き)」と「必要」を両立させるにはどうすれば良いんでしょうか?

僕なりにたどり着いた答えは…

「超絶好きになれたギターを『少数』だけ手元に置くこと」でした。

世の中、良いギターがたくさんあって「弾いていて楽しい!」と感じる1本にたくさん出会えます。キュンキュンしちゃうようなカッコいいギターが溢れているんです。

「欲しい」気持ちだけでギターを探すと、際限なく色んなギターに手が伸びちゃいます。

 
Kentotto
ストラトなんて何本あってもいいし、それにテレキャスでしょ…
レスポールはマストとして、ジャズマス、セミアコとPRSも欲しいなぁあぁ。

なんて⭐︎

 
Kentotto
やばい、妄想しただけでもちょっと楽しい!笑

しかし「欲しい」×「必要」で考えると、そんなに多くのギターを所有したいとは思えなくなりました。

欲しい(キュンキュンしちゃう!)× 必要(弾きやすくて、弾いていて気分を上げてくれる道具として最高のポテンシャル)= 僕にとって超絶好きなギター。

ここに行き着いてしまったんです。

そして僕のキャパでは、多くても所有できるのは1度に3本が限界だと気づきました。

 
Kentotto
毎日1本1本ちゃんと弾き込みたいですしね!
たくさんあると弦交換も大変だし!

所有する必要はないのでは?と思えてきて、欲しいって言う気持ちが薄れてしまったんです。

ちなみにこんな僕にも、7年以上の付き合いになるストラトちゃんがいます。

⇩それがコヤツですっ!☆

関連記事

こんにちは!アニメ大好きギタリストのKentottoです。僕のメインギターとして活躍しているFender ストラトキャスターを紹介します!ギター紹介を通じて ストラトキャスターってどんなギター? どんなサウンドがするの? […]

 
Kentotto
何度か手放そうとも思ったんですが、かれこれ毎日このギター弾いてるんだよなぁ…🎸
本当に欲しいギターは最初から持っていたんだな…なんてネ!

《まとめ》治った確証は「治ってしまったことが少し寂しい」と感じること

色んなギターが欲しくて、毎晩ネットを見たりしていたのに今ではスッカリなくなりました。

 
Kentotto
というか、ギターとイラストの練習時間を確保するために朝4時半起きを実践するようになり、夜ふかしが出来なくなりました。

そうやって出来た時間を、動画制作やブログに充てているので、それはそれで良いんですが…。

 
Kentotto
なんだか少し寂しくもあります。笑

デジマートでギター見てる時間って割と好きなんですよね。

でも「いいな!欲しいな!」と気分が高まることが少なくなってしまった。

なんかワクワクが減ってしまったんです…。

ぶっちゃけ『なんであんなに時間もお金も割いて、ギター買いまくってたんだろうなぁ…』と少しだけ後悔もしています。笑

それは、消費よりも制作に没頭していて「欲しい!」を考える余裕がなくなったから。

超絶好きなギターを毎日弾き込んでいるから。

だと思いたいですね。笑

 
Kentotto
とは言いつつ、今でもギターを弾いていると、たまに新しいギターが欲しくなったりします。笑

物欲が0になった訳ではありません。
ですが、コントロールできるようになった自覚があります。

物欲0は無理なので、その域を目指すよりもコントロール出来るようになった方が絶対に良いです。

こんな記事を書いてると「再発」のフラグ立ててるみたいだな〜。

とも感じますが、今のところ僕は良い感じにコントロールが出来ています。

「欲しくなくなった」からと言ってギターに興味がなくなったわけではなく、むしろ練習時間やらギターに触れる時間自体は増えました。

おかげで、以前よりもギターが超好きです。

 
Kentotto
「歳を重ねることにもっと好きになっていってる」感じがして何だか素敵!

今後も弾いたり、お手入れしたり、買ったり、売ったりを楽しんでいきたいなぁ〜と思っています。

 
Kentotto
この記事を公開して数日後にはMy New Gear‼︎とかポストしちゃっているかも知れませんね。笑

最後まで読んでいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

ギターとアニメに夢中になろう『Kentotto Blog』

ギターとアニメに関する情報を発信しています!
『いつまでも大好きなギターとアニメに夢中になれる』をテーマに
ギターライフに欠かせないお役立ち情報や、アニメがもっと楽しくなるような記事を
アニソンギタリストがお送りします!