エレキギター弦でELIXIR(エリクサー)をオススメする3つの理由!《愛用歴3年以上レビュー!》

こんにちは!

 
Kentotto
アニソン大好きギタリストのKentottoです!

今回は、僕が3年以上愛用しているエレキギター弦

ELIXIR(エリクサー)OPTIWEBコーティング!をレビューしていきます!

先に結論!こんなギタリストさんにELIXIR(エリクサー)はオススメです!

  • 弦交換が面倒だ!頻度を減らしたい!
  • 錆びにくくて、いつも快適に弾ける弦がいい!
  • 弦にかけるコストを抑えたい!

何か良いエレキギターの弦ないかな〜?なんてお悩みの方にもお役に立てる記事になっています!

ぜひチェックしてみてください!

 
Kentotto
それでは行ってみましょう!デデン!

ELIXIR(エリクサー)弦とは?

もう僕が紹介する…なんて今更すぎるくらい、有名なエレキギター弦ですが、改めて!

以下、ELIXIR(エリクサー)弦の特徴です!

  • ノンコーティング弦のようなクリスピーサウンド
  • ノンコーティング弦のようなナチュラルなグリップ感
  • 滑らかな弾き心地で演奏性が向上
  • エリクサーのコーティング技術は、巻き線の隙間を守り、汗や汚れの蓄積による音質の劣化や腐食を防ぐ。他ブランドのコーティング/ノンコーティング弦と比べて、高い音質が長く続く。*
  • 耐腐食加工を施したAnti-Rustプレーン弦を採用し、1セットすべての弦で長寿命を実現
  • 交換の頻度が減り、その分演奏に集中できる
エリクサー公式サイトより引用

突出している特徴は「コーディングによって、弦が長持ちする」という事だと僕は思います。

そして、この特徴こそが1番のおすすめポイントになります!

ELIXIR(エリクサー)を選んだ理由

僕がELIXIR(エリクサー)を選んだ理由は

  • 錆びにくくて長持ち
  • いつも弾きやすい

そんなエレキギター弦を探していたからです。

突然ですが、ギタリストの皆さん!

弦交換…めんどくさくないですか?笑

 
Kentotto
僕は超絶にめんどくさく感じます。笑

弦交換の時にギターをクリーニングしたりするのは好きですが、弦を巻いて…チューニングして…っていう作業が…面倒です。

 
Kentotto
というか苦手です。笑
適切な弦ポストの距離、いつも忘れちゃう!

やっとの思いで弦交換をして、毎日弾いていたら…あら!1〜2週間もしない内に錆びてきてるじゃないの!

*ニッケル弦で、1日1〜2時間程度弾いていた場合。

 
Kentotto
なんだよも〜!

ちなみに、錆びた弦でギターを弾き続けると、こんなにデメリットがあります。

  • ザラついて弾きにくい
  • 指を擦りむきやすい
  • フレットが削れやすい
合わせて読みたい

こんにちは!   Kentotto アニソン大好きギタリストのKentottoです! 今回は、ギター初心者の方へ向けて「錆びた弦を交換した方が良い理由3選」をお伝えしていきます! この記事はこんな疑問[…]

錆びた弦の弾き心地や、音が好きなんだ!
という方以外は、弦が錆び始める前には交換した方が良いでしょう。

分かる…分かるよ…交換した方が良いってことくらいは!
でもさ、さっきも言ったけどさ…?

 
Kentotto
弦交換めんどくせー!
あーもー!
  • 錆びにくくて長持ち
  • いつも弾きやすい
 
Kentotto
そんな弦はないのかー!

そう思ったギタリストであれば、たどり着くでしょう!

僕もそんな目的で、色々な弦を試してたどり着きました!

大定番!ELIXIR(エリクサー)OPTIWEBコーティング!

この弦、凄いんですよ…。

先に書いたワガママな要求をすべて叶えてくれます。

それでは、実際にELIXIR(エリクサー)を3年以上愛用している僕が感じる具体的なメリット3選を紹介していきます!

ELIXIR(エリクサー)のメリット3選

《メリット①》錆びにくくて長持ち。弦交換の頻度を減らせる。

 
Kentotto
これ!僕が1番推したいメリットこれ!

冒頭にも書いたんですが、弦交換ってクッッッソめんどくさい!

練習やレコーディング、ライヴなどなど…
ギターを弾いていたら熱を帯びてきて、手汗びっしょり!

なんてことありませんか?

僕は張りたてのニッケル弦を、3時間程度のレコーディングでザラつかせた(錆び始めさせた)経験があります。

その度に弦を替えて…!

あーもー!
弦交換してんのか、レコーディングしてんのかわっかんねー!なんてことも…。

しかし!

ELIXIR(エリクサー)を使うことで、そんな苦労からはオサラバ出来ました。

ELIXIR(エリクサー)の弦はコーティングされているので、手汗をたくさんかいても錆びにくいです。

ELIXIR(エリクサー)に変えてからは、弦交換の頻度が3ヶ月毎(アニメの1クール分)になりました。

*毎日1時間以上弾いて、1ヶ月に2曲程度のレコーディング、たまにライヴで使用する…レベルで弾き込んでも全然錆びません。

ビックリするくらい本当に錆びにくいんです。

 
Kentotto
ニッケル弦から移行するとマジでビビります。

弦が長持ちしてくれるので、単純に弦交換の手間は激減。

錆びることを気にしなくて良いので、弾くことに集中できます。

《メリット②》快適な弾き心地が持続する。

錆びにくいので、快適な弾き心地が持続します。

流石に「弦交換したての鳴り感や弾き心地がいつまでも続く!」なんてことはありませんが、
ずっと快適なことに変わりありません。

3ヶ月くらいなら、毎日弾いても快適です。

 
Kentotto
これ凄ない?

快適にギターが弾けるかどうかって、めちゃくちゃ上達スピードに影響します。
何よりギターを弾く楽しさが段違いです。

毎日、弦の錆びを気にせず、楽しく気持ち良くギター弾けるんですよ?

 
Kentotto
すっげぇぞ!(大切なことなので2回言いました)

ギターを弾いた後、フィンガリングスムーザーで弦を拭くと快適性はさらに増します。

 
Kentotto
いや、ホントね…この快適さを知るともう戻れないよ…。

アレだ…
生活水準を上げるのは簡単だけど、下げるのは中々出来ない…ってやつに似てる…
快適って贅沢…!

 
Kentotto
ん?ちょっと違うか?笑

快適な弾き心地が持続=気持ち良くギターを弾ける時間が増える

僕らギタリストにとっては、かなり大切なことですよね!

《メリット③》トータルで見るとコスパ良し。

後述するデメリットに挙げますが、ELIXIRの弦は高価です。

しかし、確実にそれを上回るコスパを秘めています。

その理由は、弦が長持ちすることで、弦交換の頻度が減り(時短)弦自体の消費量(弦代)を減らせるからです。

エリクサー弦と、ニッケル弦「ERNIE BALL(アニーボール)」の年間コストを比較してみましょう。
*僕の経験に基づいた比較です。

使用頻度の目安はこんな感じ。

  • 毎日1〜2時間練習
  • 毎月2〜3曲レコーディング
  • 毎月1〜2本程度のライヴ

これくらいの頻度でギターを弾くと、ニッケル弦の寿命は長く持っても1ヶ月程度でした。
ですので、1ヶ月に1度は弦交換をしなければなりません。

対して、ELIXIRは3ヶ月は寿命が持続します。
交換のスパンは3ヶ月に1度で済みます。

すると、どうでしょう。

弦種類単価弦交換頻度年間の弦交換回数年間の弦代
ELIXIR¥1,7003ヶ月に1回4回¥6,600
ERNIE BALL¥8501ヶ月に1回12回¥10,200
*単価は2023年3月現在

年単位で見ると、弦代に¥4,000近くの差が!

 
Kentotto
弦交換の頻度と手間が削減できて、時短にもなりますよ!

コストも手間も削減できる…!すげぇぞ、ELIXIR(エリクサー)!

ELIXIRのデメリット2選

さて、メリットの面ばかり紹介してきましたが、デメリットだと感じることもあります。

ここからは、僕が思うELIXIRのデメリット2選をまとめていきます。

《デメリット①》単価がズバ抜けて高い

ELIXIR ( エリクサー )のお値段は、他の弦に比べるとクッっっっソ高いです。

他のエレキ弦と値段を比較してみましょう。

弦の種類単価
ELIXIR ( エリクサー ) / OPTIWEB Light #19052¥1,650
ERNIE BALL ( アーニー・ボール ) / Regular Slinky #2221¥850
DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL110 XL Nickel Round Wound Regular Light¥680
DADDARIO ( ダダリオ ) / XTE1046 Regular Light¥1,500
R COCCO ( リチャードココ ) / RC10 6-String Electric Nickel round wound¥1,150
*単価は2023年3月現在(サウンドハウス

ぶっちぎりで高いですね!笑

僕は初めてELIXIR(エリクサー)を買う時、こんな風に思いました。

 
Kentotto
え?高すぎない?
コレですぐ錆びたらマジで嫌だな…本当に大丈夫なん…?

しかし、先に書いたメリットの通り、お値段以上のコスパが確かにありました。

単価だけ見るとELIXIR(エリクサー)はズバ抜けてお高いですが、それに見合ったメリットがあります。

弦は消耗品ですので、長く快適に使うことの出来るエリクサーが1番お得かも?!

《デメリット②》弾き心地や音色が好みに合わない場合も

ELIXIRはコーティング弦ですので、ニッケル弦とは弾き心地も音のニュアンスも異なります。

エレキ弦の代表格「ERNIE BALL(アニーボール)」と比較すると分かりやすいです。

僕の主観ですが、その差はこんな感じ!

弦の種類弾き心地音色(ニュアンス)
ELIXIR滑らか!弦との間に膜が挟まっている感じがする膜が張られていて丸みを感じる音
しかし、ブライト感もそこそこ感じる!
ERNIE BALL弦の感触がダイレクト!
金属感がある!
金属(ブライト)感がある!これぞエレキ!な印象でギャンギャン鳴る感じ!特に交換したては最高!
 
Kentotto
ELIXIRを使う前、ずっとERNIE BALLを使っていたので、若干偏りもありますが…笑

大体こんな印象です。

弾き心地や音色にこだわりがある場合は、ELIXIR(エリクサー)がマッチしない事もあると思います。

僕もELIXIR(エリクサー)に切り替えた当初は

 
Kentotto
なんか弾き心地変わったな〜!と感じました。

ですが、特に嫌でもなく、数週間で慣れてすっかり便利さと快適さの虜になりました。

コーディング弦特有の弾き心地や音色は確かに感じますが、強いこだわりがなければ、何ら気にならないと思いますよ!

《まとめ》ELIXIR(エリクサー)を選ぶべき人はこんな人!

最後にELIXIR(エリクサー)を選ぶべき人をまとめます!

  • 弦交換が面倒だ!頻度を減らしたい!
  • 錆びにくくて、いつも快適に弾ける弦がいい!
  • ランニングコスト(弦代)を抑えたい!

1つでも当てはまった方は、ぜひELIXIR(エリクサー)を試してみてはいかがでしょうか。

単価は張りますが、それに見合う以上の価値が必ずありますよ!

  • メインギターは好みの弦でセッティング。
  • サブギター(普段あまり弾かない)はELIXIRを張っておいて、錆びない限り交換しない。
 
Kentotto
こんなスタンスでも使えそうですよね!

僕はズボラで、弦交換が面倒に感じます。

加えて「弾くこと」に集中したいので「錆びにくい」という特徴に1番のメリットを感じ、ELIXIR(エリクサー)を愛用しています。

この記事を読んでくださったあなたが、自分のスタンスや目的に合わせたギター弦を見つけられることを願っています!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

ギターとアニメに夢中になろう『Kentotto Blog』

ギターとアニメに関する情報を発信しています!
『いつまでも大好きなギターとアニメに夢中になれる』をテーマに
ギターライフに欠かせないお役立ち情報や、アニメがもっと楽しくなるような記事を
アニソンギタリストがお送りします!