《実体験》「弾いてみた」に最適なカメラは?

こんにちは!

 
kentotto
アニメ大好きギタリストのKentottoです!

今回のテーマはこちら!

「弾いてみた」に最適なカメラは?

この記事では、こんな疑問や悩みが解決できます!

  • 「弾いてみた」動画は何で撮れば良い?
  • スマホでも大丈夫?カメラがあった方が良い?
  • スマホで撮っていた動画をパワーアップさせたい!

この記事を書いている僕は、現役バリバリの弾いてみたYou Tuberです!

  • アニソン弾いてみた投稿歴4年以上・投稿数102本  *2023年10月時点
  • チャンネル登録者様1,700人  *2023年10月時点

そんな僕の実体験に基づいた記事になっています!

ぜひ参考にしてみてください!

 
Kentotto
それでは参りましょう!あちょー!

オススメは『エントリークラスの一眼レフ』

最初に結論!

「弾いてみた」に力を入れていきたい!スマホで撮っていた動画をパワーアップさせたい!
という方には…

エントリークラスの一眼レフを推奨します!

具体的なオススメ機種

  • Canon EOS Kissシリーズ
  • Nikon D3200 など

ちなみに、僕はCanon Kiss X9を使用しています。

 
Kentotto
理由は、なんとなくCanonが好きだから!笑
あとホワイトカラーが可愛くて、一目惚れしました(*^^*)

キヤノンのレンズ交換式デジタルカメラ、デジタル一眼レフカメラ、EOS Kiss X9をご紹介しています。…

数年前に発売されたモデルですが、今でもバリバリ文句なく使えていますよ!

また、後述しますが「初めて弾いてみた動画に挑戦します!」という方にはスマホのカメラをお勧めします。

オススメな理由

それでは「なぜエントリークラスの一眼レフがおすすめなのか?」を解説していきます!

《理由①》ビデオカメラよりも高画質

動画を撮るんだし、ビデオカメラの方が良いんじゃないの?

 
Kentotto
そう思う理由わかります!
僕もそう思っていました!

なぜ、一眼レフがオススメなのかというと…

より高画質で動画を撮影できるから。

一眼レフカメラは、ビデオカメラよりも大きなセンサーを搭載しています。

よって、同価格帯のモデルを比べると、一眼レフの方が高画質な場合がほとんど。

対するビデオカメラの利点は、長時間の撮影が可能なこと。

一眼レフカメラは、29分59秒までしか連続で動画撮影ができません。

これには理由があって、30分以上の動画撮影が可能となると扱いが「ビデオカメラ」になるから。関税の税率が上がってしまうので、それを防ぐことを目的としているんだとか。

一眼レフにはそんなデメリットが挙がるのですが、弾いてみた動画の場合、30分近くもカメラを回すことはないですよね。

 
Kentotto
長くても10分…程度でしょう!

一眼レフで動画を撮ることのデメリット(長時間撮影には不向き)は「弾いてみた」に影響がないんです!

《理由②》バリアングルモニター

バリアングルモニターを使うことで、撮影中の映像を好きな方向から確認できます。

つまり、弾いているフォームを確認しながら撮影することが可能になるんです!

 
Kentotto
これめっちゃ便利!

スマホもインカメラを使用すれば、画面をチェックしながら撮影できますが、画質がダウンしてしまいますよね。

その点、バリアングルモニター搭載の機種は、画質劣化せずに画面チェックが可能です。

立ち位置や写り方を見ながら撮影できますので、撮った後に「ギターが見切れてる…」とか「机が少し写ってる…」なんてミスも防げます。

 
Kentotto
バリアングルモニターこそ、スマホじゃなくて一眼レフを使う一番のメリットかなぁ。と感じます!

《理由③》60fps(59.94fps)対応の機種が多い

1秒間の映像の中に含まれる静止画の枚数を「フレームレート(fps)」と言います。

(例)30fps = 1秒間に30枚の画像

この値が多ければ多いほど、動画を滑らかに動かすことが出来ます。

You Tubeで対応している最低フレームレート値は30fps(正確には29.97fps)
これより一段上のフレームレート値が60fps(59.94fps)となります。

見比べると違いがハッキリわかります。

 
Kentotto
もうね、動きが滑らか滑らか。
30fpsで撮影した弾いてみた動画
60fpsで撮影した弾いてみた動画

60fpsの方が明らかに滑らかですよね。

30fpsが良いのか、60fpsが良いのか…は好みによるところ。

 
Kentotto
どっちにも良いところがあります。

僕はどちらの雰囲気も好きなので、気分によってフレームレートの値を決めています。

使う使わないは置いておいて

機能の一つとして、60fpsが備わっているのは一つの強みです。

余談ですが、ハイエンドモデルの一眼レフカメラは、120fpsで撮影できる機種もあります。

どれだけ滑らかなんでしょう…!

 
Kentotto
ご存知の方ぜひ教えてください!

《理由④》一眼レフの中では手を伸ばしやすい価格帯

一眼レフカメラって高級なイメージですよね。

 
Kentotto
実際とても高価です!( ;∀;)

ハイエンドクラスであれば、ボディ本体のみで20万超え…レンズの付いたキットだと30万以上になるなんてザラです…

 
Kentotto
国産ハイエンドのギター買えるやんけ!
ん?そう考えるとギターって高いな…?笑
 
Kentotto
ちなみに僕は最近コレが欲しいです!笑
ソニー製品情報・ソニーストア

ソニーの公式通販 ソニーストア。 35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー搭載、最高約10コマ/秒高速連写(*)、高…

とまぁ、ものすごく高価なモデルもある一眼レフ。

そんな中でも、エントリークラスはレンズのついたキットでも10万台で購入できるモデルがほとんど。

 
kentotto
それでも充分高いですけどね!笑

しかし、一眼レフの中では、手が届きやすいモデルであることは確かです。

エントリークラスと言えど、充分に高画質なものばかりです。

動画制作をより充実させたい!カメラの導入したい!と考えている方にとっては、何とか投資してみても良い価格帯…!ではないでしょうか。

注意ポイント

ザッと、オススメポイントを紹介しましたが、注意して欲しいポイントもあります。

それは「いきなり導入しても大丈夫?」ということ。

エントリークラスとは言え一眼レフカメラですから、やはり高価です。

弾いてみたを始めた勢いで買ってみたは良いけれど…

 
Kentotto
1〜2本作ったけど、気づいたら投稿しなくなって使わなくなった…

なんて結末は悲しいですよね。

ですので5〜6本程度、もしくは定期的に継続して動画を投稿できるようになってから、カメラの導入をオススメします!

最初はスマホカメラでOK!

最初の5〜6本はスマホカメラで撮ってみましょう。

ぶっちゃけた話、You Tubeに投稿する動画であればスマホの画質で充分です。

(弾いてみたなら尚更!大切なのはギタープレイですから!)

僕もiPhone8で5〜6本程度動画を投稿した後、Canon KissX9に乗り換えました。

iPhone8で撮影していた初期の動画がこちらです。

一眼レフに比べると画質は劣り粗さが目立ちますが、再生数は2万回を突破しています。

画質を向上させて動画自体のクオリティを上げるのは、もちろん大切です。
ですが、それ以上に「弾いてみた」で大切なのは演奏パフォーマンス!

なので、動画制作に慣れてきたタイミングでカメラ導入を検討!というのが良い流れだと思います。

 
Kentotto
初期投資への失敗を防ぐ…というネガティブな理由だけではありません。

動画制作に慣れてきた頃に、よりハイスペックな機材を導入することで、良い刺激が得られて制作がもっと楽しくなります。

  • めっちゃ綺麗に撮れる!
  • バリアングルモニターって便利だし楽しいな!

こんな発見があって、もっと夢中になれますよ!

 
Kentotto
僕がそうでしたから!

《まとめ》一眼レフの導入がオススメな人!

いかがでしたでしょうか。

弾いてみた動画で「エントリークラスの一眼レフ」を導入すべき人はこんな人です!

  • スマホで撮っていた動画をレベルアップさせたい!
  • もっと楽しく弾いてみた動画を制作したい!

一眼レフカメラは高価ですが、導入することで動画制作が一段と楽しくなります!

 
Kentotto
あなたの動画制作ライフがより一層充実しますように!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

ギターとアニメに夢中になろう『Kentotto Blog』

ギターとアニメに関する情報を発信しています!
『いつまでも大好きなギターとアニメに夢中になれる』をテーマに
ギターライフに欠かせないお役立ち情報や、アニメがもっと楽しくなるような記事を
アニソンギタリストがお送りします!